【1冊目に絶対オススメ】ワイン初心者に読んでほしい本はコレ

スポンサーリンク
ワイン初心者
・ワイン初心者におすすめの本は?
・ワインの本って難しくない?
・どんなことが書いてある?

「初めて読むワインの本はどれがいい?」と聞かれたら、筆者は必ず

「図解 ワイン一年生」

を推薦しています。

しっかりとした入門書ながら、漫画と活字を織り交ぜて馴染みやすく、わかりやすい内容。

ワイン業界で活躍する人でも、最初はこの本だったという人も多いんです。

今回は初めてワインの本を読む人に「ワイン一年生」を絶対に選んでほしい理由を説明していますので、是非参考にしてください。


ワインの本を初めて読むなら「ワイン一年生」が絶対オススメ


「ワイン一年生」は、ワインに興味があるなら絶対に読んでもらいたい本です。

筆者もワインを勉強しようと思ったとき、最初に手に取ったのはこの「ワイン一年生」でした。

買ったばかりのころは何度も読み返しながらワインを飲んでいましたし、今でもたまに気まぐれで読んだりしています。

勉強のために読むというのももちろんですが、普通に読んでいて面白いというのも人気の理由かもしれませんね。

ワイン業界で活躍する人たちの中にも、最初のきっかけは「ワイン一年生」だった、という人も多いので実績もバッチリですよ!

漫画と活字の併用で分かりやすい


一般的なワインの本は活字と写真で構成されていることが多いですが、ワイン一年生は

「漫画で概要を説明」
「活字で詳細を説明」

という流れで各章が進んでいきます。

漫画では各ブドウ品種が擬人化されていて、

「カベルネソーヴィニヨンはこのキャラクター」

のようにブドウ品種をキャラクターのイメージで覚えられるので、とても親しみやすいです。

活字も堅苦しい内容ではなく、例え話や冗談を織り交ぜてわかりやすく説明してくれるので読むのもサクサク

一度読んだあとも、気になることがあったら気軽に読み返せるのでとても便利です。

ワイン初心者に知ってほしい情報を網羅している


漫画・キャラクター・冗談交じりと聞くと、ちゃんと勉強できる内容なのか心配になるかもしれません。

でもそんな心配は無用です。

「ワイン一年生」は説明の仕方こそフランクですが、書いてあることはものすごくしっかりしています。

  • 各産地を代表するブドウ品種の特徴
  • ワインラベルの読み方
  • ワインの保存方法や飲み方

などなど、ワイン初心者に最初に知ってほしい情報がバッチリ網羅。

読み終わるころには人にワインを説明できるくらいの知識がついています。

「読みやすくて・必要な知識が得られる」となれば、ワインの入門書としては最高だと思います。

どの本を読もうか迷っている人は是非ワイン一年生を選んでください↓↓


最後に

  • ワインの本を最初に読むなら「ワイン一年生」がオススメ
  • 漫画と活字の併用でわかりやすい
  • 必要な情報が網羅されている

ワイン一年生は現役のワイン業界で活躍する人たちの多くもバイブルにしている実績ある書籍です。

どうしても難しく感じてしまうワインのイメージを、漫画と活字を併用することでわかりやすく書いてくれています。

読み返すのも気軽にできるので、気になることがあったらすぐ見れるkindle版が特にオススメ。

もしワインに興味があって、何か本を読んでみようと思ったら、是非「ワイン一年生」を選んでくださいね。

ちなみに同じ作者がチーズについて書いた本もあります。
ワインとの相性も解説されているので、興味がある人はこちらも読んで見てください。

スポンサーリンク
NO IMAGE

ワインを勉強してみませんか?

ワインを勉強すると、ただ飲むだけよりも味わい深く楽しめるようになります。
奥が深く一生付き合える趣味にもできるのでとてもオススメ。
最初は簡単なことからスタートしましょう。

CTR IMG