南アフリカ/ソムリエワインエキスパート試験対策&練習問題

スポンサーリンク

  • 新世界に分類されるが、ワイン生産の歴史が長い国
  • ワインはほぼ西ケープ州で造られ、特にステレンボッシュに集中
  • 環境保護への意識が高い
  • ワイン法や歴史なども重要

ソムリエ&ワインエキスパート一次試験対策シリーズ。

今回は南アフリカです。

南アフリカはワイン生産の歴史が360年以上もあります。
18世紀頃にはヨーロッパでも高品質なワイン産地として知られていました。

環境保護やサスティナビリティへの意識も高く、世界で初めてワインにサスティナビリティを保証するシールを採用しています。

ワイン生産地は西ケープ州に集中していて、特にステレンボッシュが生産量の大半を占める一極集中型。
歴史、主要品種、気候風土にいくつかポイントがあるので覚えていきましょう。

試験では主要なキーワードを覚えて、基本的な部分を解答できるようにすればOKです。

今回はそんな南アフリカのポイントをまとめて、最後に練習問題を載せました。
キーワードが多めな産地ですが、練習問題を活用してしっかり覚えましょう。

ソムリエ&ワインエキスパート一次試験対策シリーズは、筆者が一次試験合格までに学習した内容を項目別にまとめたものです。
全ての記事にランダムで出題される練習問題がついているので試験学習にうってつけ。
独学・スクール通学を問わず、ソムリエ&ワインエキスパート試験合格を目指す人全員に役立てるようになっています
詳しくは下記リンクの記事をチェックしてくださいね。
関連記事

[adcode] ソムリエ・ワインエキスパート試験はワインの難関試験です。 勉強も大変そうだし、何から手をつけたらいいのかもわからないですよね。 筆者は年末頃から少しずつ勉強をスタートして、年明けからはオンラインスクールも利用[…]

主要ブドウ品種

  • 白ブドウが生産量の55%という若干白寄りの産地
  • スティーンとピノタージュが特に重要

南アフリカは白ブドウが多めの産地です。

特にシュナンブランの栽培面積は世界最大

ピノタージュは生産量こそ少ないものの、固有の交配品種のため試験に頻出です。

主要ブドウ品種 備考
Chenin Blanc
シュナンブラン
別名:Steenスティーン
世界で最も栽培面積が大きい
同国の栽培面積でも最大
Colombard
コロンバール
Sauvignon Blanc
ソーヴィニヨンブラン
Cabernet Sauvignon
カベルネソーヴィニヨン
南アフリカの黒ブドウで栽培面積最大
Shiraz
シラーズ
Pinotage
ピノタージュ
ピノノワール×サンソーの交配品種
近年は減少傾向

気候風土のポイント

  • ベンゲラ海流という寒流により冷涼
  • 基本は地中海性気候
  • ケープドクターという乾燥した強い風が春~夏に吹く

南アフリカでは国内6つの州でワインが生産されていますが、その内9割が西ケープ州に集中
西ケープ州の気候風土はしっかり見ておきましょう。

南アフリカというと暖かいイメージを持つ人もいるかもしれません。
しかし西ケープ州のような海岸エリアは、Benguelaベンゲラ海流という寒流の影響で緯度のわりに冷涼です。
基本的には地中海性気候であることも忘れずに。

春から夏にかけて西ケープ州に吹く乾燥した強風をCape Doctorケープドクターといいます。
ケープドクターはブドウを病害から守る効果があり、防虫剤などの使用を最小限に抑えられています。

歴史のポイント

  • 1659年2月2日ケープのブドウから最初のワインが造られた
  • 1726年甘口ワインConstantiaコンスタンシアの輸出が開始
  • 1918年生産者団体KWVが発足し品質の保証が図られる
  • 1948年~1994年アパルトヘイト政策

南アフリカは、初めてワインが造られた月日が残っている珍しい国です。

1659年ケープの初代提督となった東インド会社のJan van Riebeeckジャンファンリーベックが南アフリカワインが初めて造られたことを日記に記しました。

18世紀に輸出が始まった甘口ワインのConstantiaコンスタンシアは、ヨーロッパ貴族の間でも人気に。
ヴェルサイユ宮殿のセラーにはブルゴーニュワインを上回る数のコンスタンシアワインVin de Constanceヴァンドコンスタンスがあったと言われます。

1918年にはケープのワイン産業を健全化するため、KWV(南アフリカブドウ栽培者共同組合)が発足。
ブドウの最低価格を保証し、需給調整を行いました。

しかし1948年に行われたアパルトヘイト政策(いわゆる白人優遇)によって、南アフリカは国際社会からパッシングを受けて輸出は激減してしまいます。

そして1994年、ネルソンマンデラ大統領就任によってアパルトヘイト政策が撤廃
急速に輸出量を増やし、この20年で輸出量は20倍になっています。

ワイン法

Wine of Originワインオブオリジン(W.O.)

  • 原産地呼称制度
  • 1973年制定

ラベル表記

  • ブドウ品種と収穫年は85%以上当該ブドウを使用
  • 産地表記は100%当該産地のブドウを使用

産地W.O.を表示する規定が厳しい点に注意です。

ブレンドに関する表記

南アフリカはブレンドワインも多いです。

それぞれブレンドの内容によって呼び名があるので覚えておきましょう。

ブレンド名 備考
Bordeaux Blend
ボルドーブレンド
南アフリカのブレンドで最も多い
赤:カベルネソーヴィニヨン&メルロ主体
白:ソーヴィニヨンブラン&セミヨン主体
Rhone Blend
ローヌブレンド
赤:シラー&ムールヴェードル&グルナッシュ主体
白:マルサンヌ&ルーサンヌ主体
Cape Blend
ケープブレンド
赤:ピノタージュ主体
白:スティーン主体

Methode Cap Classiqueメトードキャップクラシック(MCC)

  • 南アフリカで生産される瓶内二次発酵方式のスパークリングワインの総称
  • 最低瓶内熟成期間は12か月
  • シャンパーニュと同じピノノワール・シャルドネ・ムニエが中心

南アフリカのスパークリングワインといえばキャップクラシックです。

瓶内二次発酵で、シャンパーニュと同じ品種を使うことも覚えておきましょう。

主な生産地域

  • 生産地TOP3はステレンボッシュ>パール>ロバートソン
  • まずは沿岸地域の主要産地を押さえる

沿岸地域のステレンボッシュは絶対に覚えてください。

次いで生産量2位のパールまでは必修です。

Coastal Region 沿岸地域

  • 南アフリカのワイン産業の中心
主要産地 備考
Stellenbosch
ステレンボッシュ
同国の栽培面積第1位
日本に輸入されるワインの大半がステレンボッシュ産
7つのサブリージョンがある
Paarl
パール
同国の栽培面積第2位
国内最大のワイン輸出メーカー「KWV」のホームタウン
Cape Town
ケープタウン
Vin de Constanceヴァンドコンスタンスの産地であるコンスタンシア小地区を有する

Breede River Valley ブリード リヴァー ヴァレー

  • ブリード川沿いにブドウ畑が広がる
  • シュナンブランとコロンバールの主要産地
主要産地 備考
Robertson
ロバートソン
同国の栽培面積第3位
キャップクラシックの評価も高い

Cape South Coast ケープ サウス コースト

  • 西ケープ州最南端に位置する
  • 冷涼な気候からピノノワール・シャルドネ・ソーヴィニヨンブランなどが高品質
主要産地 備考
Elgin
エルギン
冷涼なエリアでソーヴィニヨンブランが高評価
Walker Bay
ウォーカーベイ
冷たい海風による冷涼な気候
ピノノワールの産地として注目

南アフリカ練習問題

テスト
本記事で解説した南アフリカのポイントについてランダムで出題される練習問題を作成しました。
スキマ時間などに是非挑戦してみてください。


スポンサーリンク

最後に

  • ワイン産地は沿岸地域のステレンボッシュが最重要
  • ブドウ品種はシュナンブランとピノタージュを要チェック
  • 産地は限られるがその分ワイン法や歴史などもチェックする

南アフリカは品種や産地など、基本的な部分を覚えればOKです。

高品質&お手頃価格なワインが多いので、日々の晩酌にオススメですよ!


関連記事

[adcode] ソムリエ・ワインエキスパート試験はワインの難関試験です。 勉強も大変そうだし、何から手をつけたらいいのかもわからないですよね。 筆者は年末頃から少しずつ勉強をスタートして、年明けからはオンラインスクールも利用[…]

スポンサーリンク
NO IMAGE

ワインを勉強してみませんか?

ワインを勉強すると、ただ飲むだけよりも味わい深く楽しめるようになります。
奥が深く一生付き合える趣味にもできるのでとてもオススメ。
最初は簡単なことからスタートしましょう。

CTR IMG