クロアチア/ソムリエワインエキスパート試験対策&練習問題

スポンサーリンク

  • 白品種はグラシェヴィナ、黒品種はプラヴィッツマリが最大
  • 4つのワイン産地、12のサブリージョン、72の小地区が制定される
  • 甘口ワインにはプレディカート表示が併記される
  • Slavonijaスラヴォニアが最大産地

ソムリエ&ワインエキスパート一次試験対策シリーズ。

今回はクロアチアです。

クロアチアは1991年、スロヴェニアと共にユーゴスラビアから独立しました。
アドリア海を挟んでイタリアと向かい合う国です。

他の東ヨーロッパ諸国の例にもれず、クロアチアの学習の範囲は非常に少な目

元は土着品種が多い産地ですが、近年EUにも加盟し国際品種がじわじわ増加してきています

ブドウ品種は白がGrasevinaグラシェヴィナ、黒はPlavic Maliプラヴィッツマリが最大であることがポイント。
他にも一部シノニムがあったりもするので注意が必要です。

産地は大きく4つに分けられ、中でも「スラヴォニアとクロアチアンドナウ」にあるSlavonijaスラヴォニアが最大規模の産地です。

ワインカクテルにも特徴的なものがあり、

白ワインを炭酸水で割った「ゲミシュト」
赤ワインを水で割った「ベヴァンダ」

の二つはキーワードとして覚えましょう。

赤ワインのことをcrno vinoクルノヴィーノ(黒ワイン)」と呼ぶ点もポイントです。

全体的に要点を掴みづらく、学習範囲の割に苦戦するかもしれません。
広く浅く、時間をかけずに学習していきたいですね。

今回はそんなクロアチアのポイントをまとめ、最後に練習問題を載せています。
要点を紐づけて試験で得点源にできるようにしましょう。

ソムリエ&ワインエキスパート一次試験対策シリーズは、筆者が一次試験合格までに学習した内容を項目別にまとめたものです。
全ての記事にランダムで出題される練習問題がついているので試験学習にうってつけ。
独学・スクール通学を問わず、ソムリエ&ワインエキスパート試験合格を目指す人全員に役立てるようになっています
詳しくは下記リンクの記事をチェックしてくださいね。
関連記事

[adcode] ソムリエ・ワインエキスパート試験はワインの難関試験です。 勉強も大変そうだし、何から手をつけたらいいのかもわからないですよね。 筆者は年末頃から少しずつ勉強をスタートして、年明けからはオンラインスクールも利用[…]

主要ブドウ品種

  • 258種類のブドウが栽培される
  • 白はグラシェヴィナ、黒はプラヴィッツマリが最大

たくさんのブドウ品種が栽培されますが、栽培面積上位3品種だけで全体の生産量の約半分を占めています。

各地域を代表する固有品種については、後述する主要産地の項目で併記したので合わせてチェックしてください。

主要ブドウ品種 タイプ 備考
Grasevina
グラシェヴィナ
栽培面積最大
クロアチア生産量の30%を占める
Marvasia
マルヴァジア
同国栽培面積第2位
Plavac Mali
プラヴァッツマリ
同国栽培面積第3位
黒品種では最大面積

ワイン法

  • 政府の委員会による官能評価で選定を行う
  • 4つのワイン産地、12のサブリージョン、72の小地区が制定される

クロアチアの品質分類は官能評価(いわゆるテイスティング評価)にて決まります。

テイスティング評価点に加え、原産地の条件を満たしたものは上級ワインとして表記することが可能。

出題頻度は低いので、官能評価の点数は参考程度にしておいてください。

品質分類

Stolno vinoストルノヴィーノ

  • 総合評価60点以上
  • 原産地表示なしのテーブルワイン

Stolno vino s kontroliranim podrijetlomストルノヴィーノサコントゥロリニムボデゥリエトゥロム

  • 総合評価65点以上
  • 原産地表示付きのテーブルワイン

Kvalitetno vino s kontroliranim podrijetlomクワリテテゥノヴィーノサコントゥロリニムポデゥリエトゥロム

  • 総合評価75点以上
  • 統制保証原産地上級ワイン
  • 12あるサブリージョンのいずれかのみで生産

Vrhunsko vino s kontroloranim podrijetlomヴルフヌスコヴィーノサコントゥロリニムポデゥリエトゥロム

  • 総合評価85点以上
  • 統制保証原産地産最上級ワイン
  • 72の小地区のうち1つで生産
  • 補糖・補酸・減酸は禁止

プレディカートの併記

  • 遅摘みや貴腐化したブドウを使用した甘口ワインには下記の併記が認められる
  • ドイツと同じ糖度単位エクスレを使用する

クロアチアでは甘口ワインには原料ブドウに応じて表示が認められています。

ドイツやオーストリアと似ていますね。

果汁糖度の単位にはドイツと同じエクスレが使用されている点にも注目しておきましょう。

プレディカート表示 備考
Kasna berba
カスナベルバ
シュペトレーゼと同じ
94エクスレ以上
Izborna berba
イズボルナベルバ
アウスレーゼと同じ
105エクスレ以上
Izborna berba bobica
イズボルナベルバボビツァ
過熟・貴腐ブドウから造る
127エクスレ以上
Izborna berba prosusenih bobica
イズボルナベルバプロスシェニフボビツァ
乾燥したブドウから造る
154エクスレ以上
Ledeno vino
レデノヴィーノ
気温-7℃以下で収穫したアイスワイン
127エクスレ以上

主要産地

  • 4つのワイン産地、12のサブリージョン、72の小地区が制定される

Slavonija i Hrvatsko Podunavljeスラヴォニアイフルヴァツコポドゥナヴィエ スラヴォニアとクロアチアンドナウ

  • 北のハンガリーとの国境にドラヴァ川、東のセルビアとの国境にドナウ川が流れる
スラヴォニアとクロアチアンドナウ 備考
Hrvatsko Podunavlje
フルヴァツコポドゥナヴィエ
クロアチア最東部
ドナウ川沿いに広がる
Slavonija
スラヴォニア
クロアチア最大規模の産地
ブルゴーニュと同緯度でブルゴーニュ品種の可能性に期待
ピノノワールをピノツルニと呼ぶ

Sredisnja Bregovita Hrvatskaスレディシュニャブレゴヴィタフルヴァツカ クロアチア高地

  • 首都ザグレブを囲む丘陵地帯
  • 冷涼な気候で白ブドウ品種が多い
クロアチア高地 備考
Prigorje-Bilogora
プリゴリエビロゴラ
首都ザグレブを有し、ハンガリーと国境を接する
Zagorje-Medimurje
ザゴリエムジムリエ
Pusiperuプシペルというワインが代表的
モスラヴィッツ種(=ハンガリーのフルミント)から造る
Plesivica
プレシヴィツァ
クロアチア版ボージョレヌーヴォと言われるポルトギザッツの新酒がある

Hrvatska Istra i Kvarnerフルヴァツカイストライクヴァルネル イストラとクヴァルネル

イストラとクヴァルネル 備考
Hrvatska Istra
フルヴァツカイストラ
イストラ品質と言われる高品質な産地
マルヴァジアとテランが代表品種

Dalmacijaダルマチアダルマチア

  • 気候や土壌が多彩な地域で、土着品種も多い
ダルマチア 備考
Sjeverna Dalmacija
スエヴェルナダルマチア
土着品種Babicバビッチの栽培が盛ん
Dalmatinska Zagora
ダルマティンスカザゴラ
カベルネソーヴィニヨンやピノノワールなどの国際品種が増加中
Srednja I Juzna Dalmacija
スレディニャイユジュナダルマチア
クロアチアにおけるワイン生産のルーツ
代表品種はプラヴァッツマリ

クロアチア練習問題

テスト
本記事で解説したクロアチアについて、ランダムで出題される練習問題を作成しました。

何度も挑戦して是非マスターしてください。


スポンサーリンク

最後に

  • 白品種はグラシェヴィナ、黒品種はプラヴィッツマリが最大
  • 4つのワイン産地、12のサブリージョン、72の小地区が制定される
  • 甘口ワインにはプレディカート表示が併記される
  • Slavonijaスラヴォニアが最大産地

クロアチアは要点を掴みにくい産地です。

出題頻度は低いので、あまり時間をかけずに広く浅く学習するようにしましょう。

イタリアと向かい合った立地のことも忘れずに!


関連記事

[adcode] ソムリエ・ワインエキスパート試験はワインの難関試験です。 勉強も大変そうだし、何から手をつけたらいいのかもわからないですよね。 筆者は年末頃から少しずつ勉強をスタートして、年明けからはオンラインスクールも利用[…]

スポンサーリンク
NO IMAGE

ワインを勉強してみませんか?

ワインを勉強すると、ただ飲むだけよりも味わい深く楽しめるようになります。
奥が深く一生付き合える趣味にもできるのでとてもオススメ。
最初は簡単なことからスタートしましょう。

CTR IMG