ジョージア/ソムリエワインエキスパート試験対策&練習問題

スポンサーリンク

  • ヴィティスヴィニフェラ種、ワイン造りの起源
  • 主要産地は「カヘティ」
  • 主要ブドウ品種は「ルカツィテリ」「サペラヴィ」
  • クヴェヴリ醸造のオレンジワイン

ソムリエ&ワインエキスパート一次試験対策シリーズ。

今回はジョージアです。

カベルネソーヴィニヨンやピノノワールが属すヴィティスヴィニフェラ種の起源と言われ、ワイン造りが始まった地ともいわれています。

近年はクヴェヴリ醸造でのオレンジワインが話題で、日本でも見かけることも増えてきました。

試験勉強では主要産地、主要品種、オレンジワインを覚えればOK

今回はそんなジョージアのポイントをまとめて。最後に練習問題を作成しました。
出題されるポイントは多くないので、最低限を覚えて確実に得点できるようにしておきましょう。

ちなみにコーヒーで有名なジョージアはアメリカのジョージア州です。
混ざらないようにご注意ください。
ジョージアはワイン造りのための免許などが不要です。
個人が自由にワインを造ることが出来るため、生産数などを正確に把握することができません。
そのため生産量などの問題は出題されにくいと考えられます。
ソムリエ&ワインエキスパート一次試験対策シリーズは、筆者が一次試験合格までに学習した内容を項目別にまとめたものです。
全ての記事にランダムで出題される練習問題がついているので試験学習にうってつけ。
独学・スクール通学を問わず、ソムリエ&ワインエキスパート試験合格を目指す人全員に役立てるようになっています
詳しくは下記リンクの記事をチェックしてくださいね。
関連記事

[adcode] ソムリエ・ワインエキスパート試験はワインの難関試験です。 勉強も大変そうだし、何から手をつけたらいいのかもわからないですよね。 筆者は年末頃から少しずつ勉強をスタートして、年明けからはオンラインスクールも利用[…]

歴史のポイント

  • 紀元前6000年頃コーカサス山脈から黒海にかけての地域でワイン造りが始まった
  • ヴィティスヴィニフェラ種の起源
  • 国の東部は乾燥した大陸性気候、西部は亜熱帯気候

ジョージアの歴史で重要なのはヴィティスヴィニフェラ種の起源であること。
その歴史は紀元前6000年頃から現在まで、約8000年にもなります。

国の東部は乾燥した大陸性気候
一方で西部は、黒海の影響で亜熱帯気候になります。ワイン産地としては珍しい気候ですね。

歴史には「根拠」が必要です。
ジョージアがヴィニフェラ種の起源と言われるのは、発掘された壺からヴィティスヴィニフェラ種であるサティヴァの種と酒石酸が見つかったことから。
ワインの起源はさまざまな説がありますが、これによりジョージア説は有力説の一つになっています。

主要ブドウ品種

  • 525種の土着品種がある
  • 白の栽培比率が高い産地
  • 白のルカツィテリと黒のサペラヴィだけ押さえる

ジョージアは多くの土着品種が栽培されますが、「ルカツィテリ」「サペラヴィ」だけ覚えておけばOKです。

主要ブドウ品種 備考
Rkatsiteli
ルカツィテリ
白品種
ジョージアで最も栽培面積が大きい
高温多湿な西部には適さない
Sapervi
サペラヴィ
黒品種
カヘティ地方を中心に全土で栽培される
ジョージアで2番目に栽培面積が大きい

ワイン法

P.D.O.に認定される25の産地のうち、19地域がカヘティにあるのがポイントです。

Protected Designation of Origin(P.D.O.)

  • 原産地呼称
  • 25の地域が認定(内19がカヘティに属する)
スポンサーリンク

Qvevri method クヴェヴリ醸造

  • ジョージアの伝統的な醸造方法
  • キーワードを覚える

クヴェヴリ醸造はジョージアの伝統的な製法です。
Qvevriクヴェヴリという昔ながらの壺を使って野生酵母に頼り、培養酵母などの添加物は加えずにワイン造りを行います

クヴェヴリ醸造で造られる琥珀色のワインをAmber Wineアンバーワインと呼び、これがオレンジワインの原点と言われています。

  1. クヴェヴリに白ブドウを入れる
  2. セラー(=Maraniマラニ)で木製の槽(=Satsnakheliサツナヘリ)を使ってブドウを潰す
  3. 2で潰した果皮・果肉・種などが混ざったもの(=Chachaチャチャ)をクヴェヴリに入れる
  4. 20~40日発酵させる

Supra スプラ

  • ジョージアの客人をもてなす伝統的な饗宴のこと

主要産地

  • 10の地方に分かれる
  • P.D.O.25か所のうち19はカヘティにある
  • カヘティ地方とP.D.O.カヘティが最重要

ジョージアの産地は、「カヘティ」を絶対に覚えてください。

Kakheti カヘティ

  • ジョージアで最も重要なワイン産地
  • ジョージアの最も東に位置する
  • 北東部にアラザニ川、南西部にイオリ川が流れる
  • 年間日照時間3800-4000時間
  • 年間降水量600-800mm
  • 19のP.D.O.がある
P.D.O. 備考
Kakheti
カヘティ
ジョージア最大のP.D.O.
アラザニ川上流とイオリ川に沿って産地が伸びる
ルカツィテリとサペラヴィ主体
Tellani
テリアニ
ジョージアのP.D.O.ワインで唯一国際品種のカベルネソーヴィニヨンから造る

Imereti イメレティ

  • 西部の代表的な産地
  • 黒海の影響により温暖で亜熱帯気候
  • クヴェヴリをChuriチュリと呼ぶ

ジョージア練習問題

テスト
本記事で解説したジョージアのポイントについてランダムで出題される練習問題を作成しました。
スキマ時間などに是非挑戦してください。


スポンサーリンク

最後に

  • 産地はカヘティ
  • ブドウ品種はルカツィテリとサペラヴィ
  • クヴェヴリ醸造の手順と用語

ジョージアのポイントは少ないので、しっかり覚えて確実に得点を取れるようにしておきましょう。


関連記事

[adcode] ソムリエ・ワインエキスパート試験はワインの難関試験です。 勉強も大変そうだし、何から手をつけたらいいのかもわからないですよね。 筆者は年末頃から少しずつ勉強をスタートして、年明けからはオンラインスクールも利用[…]

スポンサーリンク
NO IMAGE

ワインを勉強してみませんか?

ワインを勉強すると、ただ飲むだけよりも味わい深く楽しめるようになります。
奥が深く一生付き合える趣味にもできるのでとてもオススメ。
最初は簡単なことからスタートしましょう。

CTR IMG